【NEW】SONNENGLAS®︎ オリジナル ドライフラワー | ケープフラワー

SONNENGLAS®︎に、南アフリカはケープ地方からやってきたドライフラワーが新たにラインナップに加わりました。

SONNENGLAS®︎ オリジナル ドライフラワー

ソネングラスが初めてお届けする、ソネングラスのためのデコレーションアイテムです。
南アフリカの南西部に位置するケープ地方の広大な自然の中で冬の間に地面に落ちた種は春に劇的な勢いで開花し一面に美しい花の海を作り出します。

ネイティブフラワーとも呼ばれ、他では中々出会えない南アフリカ固有のお花たちを皆さまにも手にして頂きたいという想いを込めて、西ケープ地方のフィンボス地域で厳選され、丁寧に手摘みされたお花たちをケープフラワーセットとしてご用意しました。

持続性にも優れ、環境にも優しいデコレーションで、あなただけの特別なアレンジをお楽しみください。

 

〜花の灯りで照らす、向こう側〜

エルラ(Elula)、シンガ(Cinga)というこの2つの新商品の名前は、この花々がやってきたケープ地方で話されているコーサ語の言葉で、エルラ(Elula)には、気取らない /シンプルな、シンガ(Cinga)には思う/想像するという意味があります。

心が常に世の中の動向に向きがちな昨今、日常の喧騒を忘れて、海の遥か向こうから来たこの美しい花々と灯りで、ほんのひとときでも安らぎの時間を過ごして欲しいという思いから名付けられました。

テレビやネットをオフに、ソネングラスの灯りをオンにして、素朴でシンプルな優しい光に照らされたお花と灯りをそこに、この大変な時期が終わった後のこと、この花々が咲き乱れる地球の裏側のこと
—— “向こう側”、に少し思いを馳せてみませんか。

  

南アフリカ南西部ケープ地方フィンボス地域について

このお花が栽培されている南アフリカケープ地方のフィンボス地域は「ケープ植物区保護地域群」の名でユネスコ世界遺産自然遺産)に登録され、世界6大植物区 (floral kingdom) の一つとしても数えられています。
面積あたりのフィンボス地域の生物多様性は世界一という特徴を持ち、
約5,000種の固有種を含む8,000種以上の植物からなるという点でアマゾンを含む南米の熱帯雨林よりも豊かな植物多様性を有しています。