誕生ストーリー

ソネングラスの開発のきっかけは、電力のない地域で暮らす南アフリカの人々の存在でした。

 

電力がなく火事や健康問題が多発していた南アフリカ

南アフリカでは、安全面や環境面で害のあるケロシンランプやろうそくの利用が一般的で、火事や健康被害が多発しており、その危険性を少しでも減らそうと2013年にソネングラスが開発されました。

他にもこの課題に取り組むソーラーランタンのメーカーは数多くありましたが、ソネングラスは瓶とライトを組み合わせたデザインで南アフリカの人たちに愛され、現在では現地で100万人がソネングラスを生活必需品として使っています。

途上国支援では出来るだけ生産費用を抑えるため、機能のみを追求したランタンが使用されがちですが、毎日使うものだからこそ機能性と美しさを兼ね備えたソネングラスを南アフリカの人たちは選び、途上国の人も毎日使うものであればこそ、機能だけではなく心を豊かにしてくれるものを選ぶということが分かったのです。

 

失業率40%の南アフリカにフェアトレードで生産

南アフリカの失業率が実質40%であることはご存知でしょうか?

全てのソネングラスは、南アフリカ共和国のヨハネスブルグで生産されており、製品の70%は現地の素材を使用しています。工場のスタッフは年金・健康保険など社会保険を完備し、現地の中間所得層以上の給与を保障した待遇で雇用しています。

機械導入による費用と雇用の削減ではなく、あえてハンドメイドの生産体制にこだわり続けることにより、2018年11月現在も70人以上の元失業者に雇用を生み出し続けています。

ワイヤー加工担当のマクスウェル

 

工場主任のイヴォンヌ

 

 

そして、欧州を中心に200万人に選ばれるプロダクトに

ソーラーエネルギーの活用だけでなく、70%が南アフリカのリサイクル素材を使うなど、環境にも配慮しています。

南アフリカでは生活必需品として使用される一方で、ドイツを中心とする世界11カ国では、そのデザイン性とストーリーから、インテリアやアウトドアアイテムとして広く親しまれるようになっていきました。

ドイツでは2013年の発売以来、2,800件以上のレビューと星4.7を獲得し、アマゾンの照明部門No.1ベストセラーを記録したアイテムです。アジアでは日本が初めて2018年に発売になったばかりですが、既にアマゾンと楽天でベストセラーを記録しています。

私たちはチャリティではなく、美しく実用的な太陽光のプロダクトをつくる事業を通して、これらの社会問題に貢献することを目指しています。

 

ソネングラスのストーリー